省エネ照明の落とし穴|ピッタリキレイなオーダーカーテンを取り入れたいなら

ピッタリキレイなオーダーカーテンを取り入れたいなら

インテリア

省エネ照明の落とし穴

電球

省エネにならない場合

LED照明は省エネが最大の特徴ですが、LED蛍光灯の場合にはあまり電力の消費量を少なくできないこともあります。一般の蛍光灯は、蛍光管だけで成り立ってはいません。他に安定器の役目をする電源部分が見えないところにあります。そして、一般の蛍光灯器具に直接つけられるタイプのLED蛍光灯の場合には、元からある蛍光灯器具の電源部分を流用します。そのためLED部分が省エネであっても電源部分の電力消費量が変わらないため蛍光灯全体としての省エネ度は以前とあまり変わらないことがあります。そして、このタイプのLED蛍光灯の中には、寿命があまり長くない製品もあります。ただ、このタイプのLED蛍光灯はセットするのが簡単で、ホームセンター等で購入できる手軽さというメリットもあります。

省エネに向くタイプとは

LED蛍光灯には上記以外のタイプもあります。例えば、安定器を内蔵したタイプです。これを使うには元の器具の安定器部分を通さずに直接電気がLEDに来るような工事が必要になります。工事といいますと、大掛かりなものを想像するかもしれませんが、このタイプの場合には元の器具の安定器を取り外して、少々配線を変えるだけですからすぐに終わります。さて、この安定器内蔵タイプの利点ですが、LED専用の安定器を内蔵していますので、効率もよく電力消費量もかなり少なくできます。そして、照明が届く範囲も広いのもこのタイプの特徴です。他にも、寿命が長いことや取り換えも簡単にできるメリットがあります。もし、LED蛍光灯を設置するのでしたら、ここで紹介した安定器内蔵タイプをおすすめします。